2017年06月20日

デジタルカメラマガジン 組写真入選 猫フォトコンテスト編集部賞

1069_DSC0641.jpg
デジタルカメラマガジンで組写真が入選、
猫フォトコンテストは編集部賞に入った。


今月も、2つのコンテストに入賞することができた。
いずれも、大きな賞ではないが、地道に積み重ねることができて良かった。

組写真の方は前回に引き続き、動物(園)写真での入賞となった。
実は、前回の応募ではこの4枚を含む6枚で「FACE」のタイトルで応募したが、
「交信」の方がが佳作に選ばれていた。
しかしながら、ダメ元で6枚から4枚に絞り、
タイトルもより個性的なものに変えて再び応募してみた。
すると「交信」の佳作より上の入選に選んでもらえた。
以前、カメラ雑誌のある先生のコメントで、
タイトルでは入選は左右されないということが書かれていたが、
それは単写真のことだろうと思う。
組写真は複数枚の写真をつなげるものとして、
重要なんだろうなと思う。


「指名手配犯」

1069_1_DSC5519.jpg

1069_2_B300145.jpg

1069_3_C050343.jpg

1069_4_C201333.jpg

選者 小林紀晴先生のコメント
【講評】優秀賞に続き、同じく動物園で撮られた1枚です。これもまた意外で印象的な撮り方をしています。なんといってもタイトルがインパクトあり、です。タイトルに沿って拝見しているとみんな「悪」に見えてくるから、おかしくもあります。おおいにユーモアを感じます。これはとても大切なことです。
【アドバイス】この作品と優秀賞の作品に共通点があることに気がつきました。「動物園の動物」を撮る分野が新たに領域に入ったことです。ありのままを撮る形から、作者の意図や表現をどれだけ反映させられるか。そのあたりが今後の鍵でしょうか。

前も書いたが、小林紀晴先生は、動物の写真を比較的評価してくれるように思う。
コメントを読むとわかるように優秀賞も動物(園)の写真だ。
動物の写真はそれなりに応募は多いようで、
その中を勝ち抜くのは大変かもしれないが、
個性的な写真が撮れるよう、これからも撮り続けたいと思う。


「夕焼けの大道芸人」

1069_DSC0641.jpg

【講評】こんな場所を平然と歩いていく見事なバランス感覚。川面に映った夕暮れ時のちょっと切ない空模様が、またいいですね。

こちらはテーマが決められているコンテスト。
ほとんど応募したことはないが、猫がテーマだったこのコンテストは、
すでにアップ済みの猫の写真を限度の10枚応募してみた。
入賞したのは、なんと2009年に撮ったもの。
昔撮った写真を見ると、この頃はどんな気持ちで写真を撮っていたのだろうと考える。
基本はそれほど変わっていないが、今よりは迷いがなかったように思う。
撮ることがとにかく楽しかった。
その頃の写真が、再び日の目を見ることができて良かった。
それにしても、最近は猫をあまり撮っていない。
見つければ必ず撮りはするが、あまりチャンスがない。
posted by えふ5.6 at 21:21| Comment(8) | フォトコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
ダブル入選おめでとうございます。
動物といえばF5.6さんという感じになってきました。
私も動物園撮影は好きなのですが、堪え性がないというか
飽きっぽいというか、じっくり観察もせず次から次へ檻を
移動してしまいます。(汗

で、猫テーマもあったのですね。これまた猫好きですが、
向こうが好きかは別のようで、どうも被写体ランキング
は下のようです。
撮るぞ!っと闘気オーラ出しすぎかな?(笑)
Posted by 月見里 at 2017年06月21日 13:53
ダブル受賞、おめでとうございます!

ガンレフの方はこれで一気に
PHOTO AWARD DOUBLEに行きそうですね。
自分は今月はダメでした・・・(^_^;)
やっぱり組写真部門入選は流石に3回は続かなかったです。

今月は入選無しでやっぱり調子は下降気味といった感じです。

えふ5.6さんは上昇ムードという感じで好調ではないでしょうか(^^♪

以前送ったものを同じ選者にまた送るというのは
自分では多分採用しないと思っていたのですが
今回のえふ5.6さんの入選を見て
自分も以前送った組写真、もう一度組み直して
送ってみようかと思いました。

Posted by sakura at 2017年06月21日 21:34
月見里さん
ありがとうございます。
応募するのは動物だけではないのですが、
どういう訳か動物の写真が多くなってきました。
僕も動物園に行くとじっくり観察することは少なく、
次へ次へと行ってしまう方かもしれません。
ただ、日本平動物園に何回か通っていると、
とる動物も限られてしまいます。
檻がしっかりあるのは撮れないので、
白くま、キリン、ゾウ、ネコ科、
それから、フライングメガドームの鳥、サイ。
そんなところなんですよね…。
爬虫類もいますが、撮っていて、もう一つ面白みがないです。

僕も、猫には好かれていないんだろうと思います。
かといって、餌をあげるということまでは考えられないし。
親しくなるには、それなりのテクニックが必要かもしれませんね。
Posted by えふ5.6 at 2017年06月21日 22:11
sakuraさん
ありがとうございます。
PHOTO AWARD DOUBLEは、何ポイントで上がれるのか分かりませんが、
1年が過ぎ、消えていくポイントもあるので、多分上がれる気はしません。
組写真は難しいですが、こうして入選できると単写真以上に達成感を感じます。
あれこれ頭をひねって時間を要しているからでしょうか?
sakuraさんは今回は、ダメだったのかもしれませんが、
ダントツですし、今のところライバルもいない感じですね。
僕の方は、最近あまり写真を撮れていないし、上昇ムードはありません…(^^;

組写真は、組み方、タイトルで、また違ったものになりますので、
再チャレンジする価値はあるのかなと、今回改めて思いました。
sakuraさんはもぜひ、やってみてください。
Posted by えふ5.6 at 2017年06月21日 22:12
えふ5.6さんこんにちは(・∀・)

キリンさんに刺激され、GANREFのプロフィールからこちらに辿り着きました。

まさか組写真の裏話が読めるとは…w 前回落選したものが組み替えて佳作を超えて入選まで行くとはすごい話ですね。

改めてダブル受賞おめでとうございます。私も今回初めて組写真で入賞できました。それを受けてもしかしたら同時に応募した作品もまだ可能性があるかも、と組み替えて色々練っていたところだったので余計に勇気が出ました。

今後も刺激を頂きます(・∀・)よろしくです
Posted by sisitou at 2017年06月30日 00:15
sisitouさん
こちらでは、初めまして。
わざわざお越しいただきありがとうございます。

組写真は、非常に難しく感じていましたが、
入賞が2つ続いたので、少々やる気が出てきました。(^^)
数枚の内、1枚でも差し替えれば、全く違うものになったり、
タイトル次第で見え方も変わったきますので、
真剣に取り組めば面白い世界なのかなと思います。
自分の今回の入賞は、その証ですね。
(たまたまではありますが…)

sisitouさんの組み写真も良かったですね。
お子様への記念にもなるかと思います。
こういう写真を撮るシャンスは私にはもうありませんので
羨ましくもあります。

こちらこそ、sisitouさんから、たくさんの刺激をいただきたく、
よろしくお願いします。
Posted by えふ5.6 at 2017年06月30日 08:45
今頃恐縮ですが,入賞おめでとうございます.
猫は本当にバランス感覚があると思います.
平均台に見えてきました.
Posted by sunday driver at 2017年07月04日 00:31
sunday driverさん
ありがとうございます。
彼らにとっては、どうということはないのでしょうけど、
このバランス感覚はすごいと思います。
猫はいろんな能力を持っていて、身近ながら、
不思議な動物ですね。
Posted by えふ5.6 at 2017年07月07日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。