2017年04月24日

第41回さがら草競馬大会 × E-M1 MarkII

1062_4233781.jpg
昨日、さがら草競馬大会を撮りに行ってきた。


毎年行っていたのに、去年は不覚にも開催日を間違えて行きそびれていた。
なので、今回は2年ぶりになった。

一年を通して、動きものを撮ることはほとんどないが、
その中で、唯一そこそこの動きがある被写体だ。
OLYMPUS E-M1 MarkIIのAF性能は、
それなりに評価されているようなので、
それを確認するにもちょうど良かった。

連写で撮ってみると追尾AFの食いつきも良く、これはいけると思った。
また、Nikon D7000やD600の時のようにバッファ容量不足で
連写速度が、途中でガクっと落ちることもなく、快適に撮れた。
隣のCanon 1D系のおじさん(僕もおじさんだが)にも負けていないと感じた。

しかし、それは感じていただけで実際はそうではなかった。
家に帰り、パソコンで写真を確認すると、微妙なピンずれ写真の多いこと…。
また、連写中にズームを動かすと、決まって大きくフォーカスを外すことも気になっていた。
ということで、AF性能は並の一眼レフとは並ぶぐらいかもしれないが、
決して超えてはいないだろうと感じた。
まして、AF性能の高いD500あたりとは、比べるまでもないだろう。
普段の使用を考えれば、動きものにこだわる必要は全くないが、
ちょっと、残念な気持ちにさせられた。
(注:使い方が悪い可能性はあるかも?)

1062_4233781.jpg

OLYMPUS E-M1 MarkII + 40-150mm F2.8
2017.4.23(牧之原市)
posted by えふ5.6 at 23:31| Comment(4) | OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

こういう動き物のイベントを撮るって
自分はなかなかしないので、流し撮りや連写には縁のない自分ですが
E-M1 MarkII のピンの合具合は思ったほどではなかったようで・・・(^_^;)

自分はマイクロフォーサーズだしフルサイズと違って
その素子サイズの特性を生かして
爆速AFでカッチリジャスピンでキレッキレの描写なのかと
OLYMPUSの広報のふれ込みを見ていて感じていたんですけど・・・。
結構OLYMPUSって昔から性能とか盛り気味な印象なんですよね。

やっぱりミラーレスだといくら進歩したといっても
レフ機上位機種に並ぶのはまだまだなのかなと。

オリの場合、説明書が不親切で
ユーザーの知らない設定方法があったり
説明不足な部分があったりでかなり弄くってみないと見えてこない部分があるんですよね。

オリ独自のスーパーコンパネとかもうちょっと何とかならないものかと・・・。
NikonもCanonもフジもメニューや操作周りはかなり使勝手はいいのに
OLYMPUSだけはどうも自分は馴染めないんですよね(^_^;)

Posted by sakura at 2017年04月25日 20:16
動きものは撮ってて楽しいですね。
しかし連写かませてると後からのセレクトが大変。
以前、フジスピードウエイにF1を見に行ったときは1000枚くらい撮ってしまってセレクトが地獄でした。
しかも雨降ってて会場の運営も悪くてグダグダで疲れたのもありましたし・・・

僕がこれを見に行ったら連写するでしょうか?
どうでしょうね?
やっぱり連写するしかないんでしょうね。
そう考えると、連写機能もないカメラで絶妙なタイミングで撮ってた昔の名匠たちはすごかったんですね。
Posted by MuhW at 2017年04月26日 19:42
sakuraさん
多くのレビューを見ていると、
E-M1 MarkIIのAFを絶賛する記事が多かったので、
期待が大きすぎたというのはあると思います。
また、よくよくマニュアルをみると、AFもかなり細かな設定ができるようなので、
それらを追い込むことで、不満も減るのかなと思いました。
しかしながら、普段動きものをとるわけではないので、
設定を追い込むチャンスがありません…。

スーパーコンパネは、長らくオリンパス製品を使っていたせいか、
使いにくいと思ったことがありません。
慣れというのもあるかもしれませんね。
Posted by えふ5.6 at 2017年04月29日 09:52
MuhWさん
連写したあとのセレクトは大変ですよね。
今回も2,500枚程度撮っています。
ほぼ、捨てる作業になるのですが、
いまだ、億劫でやっていません。
このGW中にはやると思いますが…。

昔は、こういうものも当然、フイルムで撮っていたわけで
プロならいざ知らず、素人がバリバリ連写なんかしたら、
いくら掛かるかわかりませんね。
連写機能などない時代は、狙いを定めなければなりませんから、
その感覚はすごいものがありますね。
それを考えると、いい時代になりました。
ただ、無駄打ちばかりしていて、どうも写真がうまくならないような…。(^^;
Posted by えふ5.6 at 2017年04月29日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。