2017年04月22日

アサヒカメラ.net 2位 デジタルカメラマガジン組写真佳作

1061_B150943.jpg
アサヒカメラ.net 写真の殿堂で入選した。


なぜか、順位の表記がなかったが、3番目に掲載されているので、
普通なら2位だと思う。
順位の表記がないとは、相変わらずのユルさだ。

「キリン舎」

1061_B150943.jpg

選者 小林紀晴先生のコメント
考えてみれば、キリンは何をもってキリンと知らしめられているのでしょうか。多くの場合、首だと考えがちですが、この写真を見ていると、もしかしたら足や身体の模様なのかしれないと思わせます。背後の人影がより奥行きを感じさせます。

いままで、3位にもなかなか入れなかったこのコンテストだが、
ここのところ、妙に入選率が高い。
ここ半年を遡るとこんな感じ。
2016年
10月2位
11月3位
12月1位
2017年
1月 ×
2月3位
3月2位

急に僕の実力が上がったとは思えず、
どうも、去年フォーラムがなくなって以降、
レベルが少し下がったのではないだろうかと思う。
他の入選した写真を見ても、ハッと思うものが少ない気がする。
そう言ってしまうと、次からなかなか入選できないものなので、
つつしまないといけないが…。

---------------------------------------

デジタルカメラマガジン組写真部門で佳作に入った。
このコンテストに入るのは、久々で2年ぶりぐらい。
今回の2枚の写真は、過去にそれぞれアップしたものを
後付けで選んで組写真にしたもので、
言ってみれば思いつき。
最近は、あまり組写真を熱心にやっていないが、
組むことの楽しさみたいなものはあるので、
もう少し力を入れていきたい。

「交信」

1061_8215972.jpg

1061_B150252.jpg

選者 小林紀晴先生のコメント
【講評】コメントには「囲われた中の動物」とありました。タイトルと深く関係あるはずです。フェンスの向こう、近いようで限りなく遠い存在。両者が見えないもの、聞こえない何かによって、確かに交信しているかのように見えてきます。
【アドバイス】切り取り方がすてきです。光もいいですね。こんな優しい目線で捉えた動物たちの写真を、もっと見せてください。タイトルもとてもいいと思います。本来見えないかけらたちが、ふっと立ち上がってきます。

今月の入選写真は動物が被写体でモノクロ、
小林紀晴先生に選んでいただいたという共通点がある。
小林紀晴先生は、割と動物の写真にも評価してくれるように思う。
動物といっても、動物園の写真なのでお手軽。
これからもこの路線は続けていきたい。
posted by えふ5.6 at 00:30| Comment(11) | フォトコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

ダブル入選おめでとうございます!
デジタルカメラマガジンの組写真部門の方も入選されて
好調ではないでしょうか(^^)
組写真も2枚組でありながらハッとする一枚で印象的ですね。
見ていると後を引く心にささるものがあります。

えふ5.6さんのここ最近選出された写真は
分析通り、動物写真が多いですね。
もっと掘り下げて撮り続けて行けばえふ5.6さんの世界観を作れる被写体だと自分は感じました。

フォトコンのレベルを考えると
今年から賞金額が上がったアサヒカメラの紙面の方はレベルが上がってますね。
自分が出している限りの感想では
日本カメラの紙面のフォトコンが一番レベルが高いと感じました。

なかなか入選できていないので
これが自分の今の実力なんだろうな〜と(^_^;)
Posted by sakura at 2017年04月22日 08:08
sakuraさん
ありがとうございます。
組写真のヤギの写真は、不思議な表情をしているので、結
構気に入っていました。
単写真でいくつかに応募しましたが、いずれもダメで、
今回組写真で日の目を見ることができました。
ちょっと工夫することで、入賞することもあり、
そのあたりも、組写真の面白いところかなと思いました。

好調といえば、そうかもしれませんが、
肝心のアサヒカメラ本誌のほうがさっぱりで、
落ち込んでいます。(TT)
もう今年の挑戦は、打ち止めにしようかと思っています。

日本カメラは応募したことがありませんので
様子がわかりませんが、レベルは高いのですね。
以前は、日本カメラを買っていましたが、
アサヒカメラに応募するようになってから、
買うカメラ雑誌はアサヒカメラのみになりました。
また、デジタルカメラマガジンは、自分の写真の掲載時のみ買うようにしています。
佳作の賞金は、デジタルカメラマガジン1冊で終わってしまうのが辛いところです。(^^;
Posted by えふ5.6 at 2017年04月22日 09:07
入選おめでとうございます!

首無しキリン面白いですね。
けっこう不気味です。
模様でキリンとは分かりますが、やっぱり首がないのは異様な感じ。
ミステリアスです。

組み写真もいい感じですね。
動物園ならではの写真だと思います。
動物園はたしかにいつでも決まった動物を撮れるお手軽かもですが、動物園でしか撮れないテーマのものを撮るとなると話は別です。
これからも、えふ5.6さんなりの光景を見つけてください。
Posted by MuhW at 2017年04月22日 09:53
こんにちは
ダブル入選おめでとうございます。
どちらも日本平ですね。同じ動物園でも私が撮ると
普通なスナップ写真や図鑑的なものが多いので、
やはりf5.6さんの視点の鋭さ、切り取りは流石です。

ところで、選者の小林紀晴氏もどちらも担当が長い気が
しますが、交替はないのかな?
Posted by tsukimizato at 2017年04月22日 10:26
MuhWさん
ありがとうございます。
確かにキリンは、首が命ですから、
首がないのは異様かもしれませんね。

動物園は安心して撮影に集中できるので好きです。
ただ、近くの日本平動物園はそれほど広くなく、
撮れる動物も限られているのが、残念です。
浜松動物園は2度ぐらい行きましたが、イマイチでした。
Posted by えふ5.6 at 2017年04月22日 21:16
tsukimizatoさん
ありがとうございます。
ハンドルネームが微妙に変わったのでしょうか?

小林紀晴先生のアサヒカメラ.netの審査は長いですね。
2011年からのようですので、もう6年です。
永久審査員でしょうか?
デジタルカメラマガジンの組写真部門は一度他の方に変わった後の
返り咲きですで、連続ではないです。
おそらく、今年度いっぱいでの審査で変わるのではないでしょうか?
Posted by えふ5.6 at 2017年04月22日 21:19
おめでとうございます
首から先が見えないキリン写真、現代芸術のような、ファンタジーのようですね
組み写真は拘束、監禁といったイメージもして恐ろしさもあって強い印象を持ちました
Posted by NAO310 at 2017年04月22日 21:35
NAO310さん
ありがとうございます。
キリンの写真は、一昨年の11月にアップしていますので、
記憶にあるかもしれません。
http://f56.seesaa.net/article/430361165.html
これまで、HDDの肥やしになっていましたが、
最近になって応募してみました。
GANREFでは、コンテストではありませんが、
「Featured Photos 」というものにも選ばれました。
そのまま、肥やしにしなくて良かったと思います。

組写真の方は、ここに切なさのようなものも表現したいと思いました。
囲われた動物たちは、食べることには不自由しませんが、
幸せどうかは、わかりませんね。
Posted by えふ5.6 at 2017年04月23日 00:20
ご無沙汰しています。
あいかわらず好調のようですね。流石です。
殿堂のレベルが下がったというよりは、単純に応募数が減ったのではないでしょうか。「終わり」と思わせて続いていますから^^;、アサカメ本誌読まない人は今もコンテストが続いているって気がづかないと思います。ただ、入賞が続いているのは、えふ5.6さんに一定の実力があるからこそだと思いますし、おそらく小林氏好みの写真を自然に撮れているからだと思います。小生などは逆に殿堂の写真は面白いと思いますね。妙なエロスや死生観みたいなものがあって・・・・。普通にきれいな写真を見るよりも、いろいろ想像できて楽しいです。
Posted by Yutanpo at 2017年04月23日 13:47
お久しぶりです!
一概には言えませんが、応募数が減ればレベルも下がるという認識でいます。
おっしゃるように、応募数は減っているのはないかと感じています。
アサヒメメラにおけるネット部門の存在価値が以前と比べ、ぐっと下がったと思います。
本当に惰性で続けているという感じが否めません。
賞金額を増やす、年度賞を(しっかり)設ける、
予選通過作品の名前を掲載する、応募総数を公表するなど
本誌コンテストと同じことをやった方が良いと思います。
そうでないと、応募する側もモチベーションが下がる一方ではないでしょうか?

小林紀晴先生の選ぶ写真は、ちょっと独特なところがあって、
それについていけるかどうか、というところもあるかもしれませんね。
中には、こういうコンテストがあるのも面白いと言えるのかも知れませんね。
僕は、審査員の好みに合わせられるほどの技術はありませんが、
勉強のつもりで、続けていこうと思います。
その意味では、もう少し辛辣な講評でもいいのですが…。
Posted by えふ5.6 at 2017年04月24日 18:34
写真の殿堂の順位がやっと掲載されました。
2位(佳作)でした。
Posted by えふ5.6 at 2017年05月02日 02:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。