2017年03月17日

アサヒカメラ.net 3位 

1055_net3.jpg
アサヒカメラ.net 写真の殿堂で3位に入った。


この写真は、最近良く行く三保の松原で撮ったもの。
良く行く割には、ここでのフォトコンテスト入選は初めて。
やっと、入選してくれた。
ここは、富士山世界文化遺産の構成資産になってから
すっかり多くの人が訪れる観光地となった。
外国人の方も多く、みんなカメラ(スマホ)を持っている。
なので、ここでカメラを持っていても、何の違和感もなく(?)
写真を撮りやすい環境で面白い。
僕自身の写真のテーマはなかなか定まらないが、
ここ三保の松原は、継続的に撮っていきたいと思う。

「風景の記録」

1055_net3.jpg

選者の小林紀晴先生のコメント
景勝地として有名な三保の松原です。私も幼い頃に行った記憶があります。それぞれがそれぞれに写真を撮っています。こんな一枚を拝見すると、人は何故、何のためにカメラを構えるのかという根源的なことについて考えさせられます。

はて人は何故、何のためにカメラを構えるのか?
こういう観光地に限って言えば、
思い出を残すためというのが多いのではないだろうか?
思い出は記憶だけでは物足りず、
写真があると、鮮明に思い出せることも多いと思う。
なぜ、人は思い出を残すことを好むのかはわからない。
一方、僕のように写真が趣味という人や
SNSにアップするという人、
同じ行為なのに目的がそれぞれ違うというのは
よくよく考えてみると面白い。

SONY RX100M3
posted by えふ5.6 at 23:44| Comment(8) | OLYMPUS OM-D E-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山、綺麗ですね。
構成資産となったことも理解出来ると思いました。
携帯電話やタブレットで撮影する人が普通になりましたが、未だに馴染まないというか・・・。
写っている人が皆、コミニュケーションせず、広い空間でそれぞれに在るのは一幕の劇のようにも見えました。
Posted by NAO310 at 2017年03月19日 14:56
NAO310さん
ここ三保の松原は富士山からただ一カ所離れているので、
構成遺産に組み入れるか議論がありました。
ただ、地元からしてみれば、入れてもらって良かったと思います。
土産物屋や近くの宿泊施設は、確実に恩恵にあずかっているはずです。
写真を趣味にしている人は画質を優先にしますから、
スマホやタブレットでの写真は満足しないことが多いかもしれませんね。
僕は、画質というよりカメラとしての操作性がよくないと感じ
あまり使っていません。
カメラを持っていない時に記録用として撮る事はありますが…。

実は、手前にいる男女はカップルで、ふたりが離れて
それぞれ撮影に夢中になっているところを撮りました。
2人が全く違う方向を撮っているところが
この写真のミソかなと思います。
Posted by えふ5.6 at 2017年03月19日 22:01
入選おめでとうございます。
三保ですね。有名撮影地ですが、地元のFさんならでは
の視点かと思いました。
私が行った時は、中華系の方が溢れ、あとブームだった
ポケGOの方がスマホ片手にごった返していました。
これはこれで面白かったかな?(笑)

私もスマホの写りの良さには驚きましたが、
どうにも操作が悪くて使いません。
世間的にも今はカメラより、スマホ向けられて撮られる
方がセンシティブなような気がします。
Posted by 月見里 at 2017年03月20日 07:05
月見里さん
ありがとうございます。
地元といっても、バイクで30分ほどです。
まあ、近い部類でしょうか?

僕も、ここで一度ポケモンGOをやっている
大勢の姿を撮った事があります。
あれはあれで、妙な感じで面白かったですね。
ただ、薄暗い日の夕方だったので、
写真としてはパッとしませんでしが…。

スマホのカメラとしての操作性は、
月見里さんも不満がありましたか?
やっぱり、カメラメーカー各社、
小さくて写りのいいコンデジを
もう一度作って欲しいものです。
Posted by えふ5.6 at 2017年03月20日 08:40
殿堂入選おめでとうございます!!
画面構成が絶妙です。
私もこういう写真を撮ってみたいのですが、難しいですよね。
タイミングがすべてだと思うんですが、やっぱり「待つ」んでしょうかね?
Posted by 晃隼 at 2017年03月21日 15:50
晃隼さん
ありがとうございます。
明確に狙ったアングルがある時は、待つこともありますが、
この写真に関しては、待つことはしていません。
浜辺をうろうろして人々を観察し、目に止まったら
シャッターを切るということをしています。
特別なシーンがなくてもです。
無駄打ちがほとんどですが、
その中には、まぐれで悪くない写真も撮れていたりします。(^^;
Posted by えふ5.6 at 2017年03月21日 18:46
演出無しの植田正治の写真のようですね!

かなり低い位置から空を大きく入れて人物のシルエットが強調されたのが効果的です。

>はて人は何故、何のためにカメラを構えるのか?
なぜでしょうね?
SNSの多くの場合は証拠写真っていう意味合いが強いような気がしますが、我々の場合は何でしょうね?
僕の場合は好きだからとしか言えません。
少なくとも思い出作りではないですね。
思い出なら視覚的なものより匂いとか音の方が記憶に刷り込まれると思ってます。
子供の頃に布団の中で寝入る前に聞いた夜汽車の音とか、夕ご飯のお味噌汁の匂いとか。
 
Posted by MuhW at 2017年03月22日 20:44
MuhWさん
ありがとうございます。
しかしながら、植田正治は褒め過ぎのような…。(^^;

>我々の場合は何でしょうね?
表現したいんではないでしょうかね?

確かに思い出(記憶)は視覚的なものばかりではありませんね。
ただ、僕の場合は、忘れていた事も過去の写真を見る事により
より鮮明に、静止画である写真も時には動き出すように匂いや音付で
記憶が蘇ります。(^^)
Posted by えふ5.6 at 2017年03月23日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。