2017年02月14日

蛭ヶ谷の田遊びとニコンのDLシリーズの販売中止

1050_DSC3389.jpg
先日の正覚寺大黒祭りの同日、
夕刻より牧之原市で行われた蛭ヶ谷の田遊びを撮りに行った。


鎌倉時代より続けられてれている行事で、
国重要無形民俗文化財ということなので、
一度は撮っておいてもいいかなと思った。
田遊びとは一年の稲作の過程を模擬的に演じ、
稲の豊作を祈願する神事芸能。
静岡県内では、他でも行われているようだ。

始まったのは18時。
昼間も寒かったが、さらに寒さが強まり辛かった。
かがり火が焚かれると、少しだけ温まった。
光は、このかがり火と2〜3人のカメラマンのLEDライトぐらいで、
撮影条件は良くない。
LEDライトは明るくはなるが、かがり火とは色温度が違うので、
その存在は微妙と思った。
フラッシュを使って撮ることもしたが、全く雰囲気が出ず。
50mmF1.4なら、F4のズームとは3段も違うわけで、
持ってくるべきだったと後悔した。
試行錯誤したが、思うように撮れない、寒いで
16演目ある中の3演目で引き返した。
まあ、全部見たら23時ぐらいになるようなので、
最後までというのもありえなかったが…。
この田遊び自体は、音もなく非常に神秘的なものだった。
田舎の小さな神社で、700〜800年ぐらい前から
脈々と受け継がれているということは奇跡に近いことだと思う。
まさにタイムスリップしたかのような感覚があった。

1050_DSC3067.jpg

1050_DSC3389.jpg

1050_DSC3474.jpg

2017.2.18(牧之原市)
Nikon D600 + 24-120mm F4.0

もし、次回行くとしたら、防寒対策と明るいレンズは必須だ。
そして、もう少し粘りたい。


------------------------------------

1インチセンサー搭載のコンパクトデジカメ、Nikon DLシリーズが
発売中止になってしまった。〈記事1〉〈記事2〉

特にDL18-50 f/1.8-2.8は、
今までのこのカテゴリにはない
広角レンズを搭載したカメラだったので期待していた。
非常に残念だ。
これだけ大々的に発表し、予約まで受け付けていながら、
発売中止まで追い込まれてしまったことは
ニコンが正常でないことがうかがえる。
カメラメーカーの多くが上位のコンデジを
1インチセンサーにシフトしている中、
やっとニコンがそれに追いつけると思っていたが、
ここでまた振り出しに戻ってしまった。
この穴は大きいと思う。
大幅な人員削減や赤字、
ニコンは大丈夫なのだろうか?

ニコンだけでなくカメラメーカーは、
相当苦労しているように感じる。
常にスマホのカメラの性能アップには
戦々恐々としているんだろうなと思う。
やがて、カメラというものはプロや一部のマニアだけが
持つものということになりはしないか?
こうなったら、カメラメーカーもPanasonic CM1のような
スマホを作るしないだろう。
NikonやOLYMPUSのスマホなら、
iPhoneユーザーの僕でも乗り換えていいかも?と思う。
でも、Nikonは小型化が苦手だからな〜。
弁当箱のようなスマホだったらいらないかな…。

それはともかく、自分的には、
ちっとも発売されないDL18-50 f/1.8-2.8にしびれをきらして
Panasonicの広角レンズを買ってしまったが、
正解だったようだ…。


キタムラが129店を閉鎖するというニュースもあった。〈記事〉
これも残念な話だが、
そう思うならキタムラでカメラを買えという話だ。
僕も以前はキタムラでカメラを買っていたが、
10年位前から、ネットで買うようになってしまった。
やっぱり、少しでも安いところで買いたいというのが人情。
けど、キラムラの縮小は胸が痛い。
心は乱れる…。
posted by えふ5.6 at 21:55| Comment(16) | Nikon D600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
炎と踊る人の扮装が妖しく、魅力的ですね。
様々な祭りをテーマにして撮るのもカッコイイと思います。夜の祭りは難しいですが、フィルムの頃は私には全く撮れませんでした。

キタムラの縮小にはかなり深刻な変化を感じます。
スマホで画像も動画も録音も出来ますから、専用機はニッチな製品になった・・・のかな??
Posted by NAO310 at 2017年02月14日 23:24
NAO310さん
この白いカツラのようなものは
何を意味しているのか、わかりませんでした。
確かに妖しい感じです。
鎌倉時代からこうだったんでしょうね。

フィルムの感度では、とても撮れないでしょうね?
また、相当熟練しないと撮影結果をすぐに確認できず、
その場で軌道修正することもできません。
デジタルだから、撮れているということだと思います。
フラッシュを使ってしまえば、フィルムでも撮れると思いますが…。

最近は、動画を撮ることが無くなってしまったので、
よくわかりませんが、ビデオカメラも売りにくくなっていそうですね。
スマホひとつで、いろいろできて便利な世の中になりました。
って、言える人ばかりじゃないんですよね…。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月14日 23:52
おはようございます

ここ最近はいろんな所に出かけて撮影されていますね(^^)

この暗さでF4ズームだとISO1600〜3200は最低必要でしょうね。
ライトもあったらしいですが
炎の光だけではやっぱり光量不足になりがちだと思います。

Nikonの赤決算とキタムラ店舗閉鎖の件、さらに言えば
東芝だってカメラ素子部品やコンパクトフラッシュなど
カメラの記憶媒体を作っていたメーカーがあの惨状ですからね。

やっぱりNikonは純正の編集ソフト更新の
つまづき辺りから違和感は感じていました。

今のカメラ、写真を取り巻く環境も悪いと思うし、最近のスマホでいいという人たちは写真に対するスタンスや考え方が浅いんでしょうね。

スマホがフルサイズ並みの画質でズームレンズの明るいレンズ搭載できれば別ですが
物理的にそういうのは不可能なわけでやっぱカメラとスマホの画質の差は縮まらないと思います。
スマホでISO感度12800で撮影してまともな画像とか不可能ですし。

そしてプリントしてみる人が減ったというのが一番の原因だと思います。
スマホで撮った画像をA4に引き伸ばして紙で見た時、彼らが如何思うかですよ。
デジタルカメラマガジンの岡嶋先生だって
言ってるじゃないですか、
プリントしなきゃ写真は上手くならないよって(笑)

そして最近問題になっている肖像権の問題。
今の人たちはスマホで店でもどこでも平気で撮るのになんで自分にレンズを向けられると
嫌がるんでしょうかね。

森山大道さんも言ってますが撮るという事は自分も撮られるという事を覚悟する事なんですよと。
自分たちの存在した記録を拒否しているわけで自己存在の否定なんですよね。
自分なんかバンバン撮ってるから自分にレンズ向けて撮ってきても嫌とは思わないし覚悟してますからね。

スマホの電子画像だけで何十年後、記録として回想できるんでしょうかね。
やっぱ手に取って写真を見るという原始的な行為が人間の記憶に残ると思います。
アメリカの科学者も言ってますけどiPadなどを使って学習しても脳が覚えられなくて習得率が低い上に忘却率が高く
紙と鉛筆を使った学習の方が脳に記憶され忘却率が低いという結果も出ていますし
電子画像だけで完結してしまう人たちは何十年後、過去何があったか覚えてないような気がします(^_^;)
Posted by sakura at 2017年02月15日 07:31
こんにちは
どちらの行事も行きたいと思いつつ、まだ未体験です。
田遊びはその昔は一晩中、演目を続けたらしいですね。
どちらにしろ現代になっても開催時間はそこそこ長い
のですが、地元の方々も準備や練習など大変かと思われ

ニコンの業績悪化とDL販売中止はかなり深刻な事態ですね。
フジのX70も値上がる一方ですし、こうなると後継機も
どうなることやら状態で諦めです。

ところで、今週金曜日にこちらで滝沢の田遊びが行われます。
私は恒例撮影行事で出かけてみようと思います。
18時半頃から20時頃まででしょうか。
多分、同じく寒いです。(笑)
もしご興味があるようでしたら是非、覗いてみて下さい。
Posted by 月見里 at 2017年02月15日 10:00
夜祭りの撮影は相当容易になったのだろうと思います。それでも、RAWデータで作り込んでいかざるえないのかも。
祭りの写真、面白そうですね。魅力を切り撮っていって連作に出来たら、いつか個展を行われる際に見応えがありそうです。

さる件で何年かに渡って一般の方が撮影された写真を扱っていましたが、写真のデータで撮影機材を見るとiPhone4くらいから、すでに普及帯のコンパクトカメラより概ね結果が良いと感じました。近年は一眼タイプを使っていても撮り手によってはiPhoneの写真がましです。
フルオートで手軽に楽しく撮りたい方が専用カメラを使う動機は少ないだろうと思います。カメラを使う人が特殊で、携帯電話で撮影するのが「普通」なイメージが出来てきているのかも。
メーカーが製品を縮小して、販売側の大手が経営を転換していくのは、下手の横好きとはいえファンとして寂しいかぎりです。富裕層相手の高級品ばかりになってしまったらつまらないです。
Posted by NAO310 at 2017年02月15日 13:14
sakuraさん
長文のコメント、ありががとうございます。
お祭りには、行くには行っても、
なかなか良い写真は生まれません。
先にアップした正覚寺大黒祭などでは、
もっと、手元を撮るなど、工夫すればよかったと反省しています。
田遊びの会場は予想以上に暗くて苦労しました。
あまり、夜撮るということをしていないので、
全く経験不足でした。

ニコン、キタムラ、東芝、
カメラを取り巻く環境はどんどん悪化しているように見えますね。
高い技術だけではどうにもならず、
経営者らの舵取りは、本当に難しいだろうと思います。

カメラは、多くの人にとって、
家族写真や旅行などの記念写真を撮るためのものだと思います。
そういう用途であれば、高性能化された昨今のスマホで十分なはずですから、
カメラが売れるはずもないのですよね。
わざわざカメラを買わなくても、持っているスマホで綺麗に撮れちゃうし、
さらにはSNSに上げたり、友人、家族に送ることもできるのですから。

僕も、写真をプリントするのは、コンテストに応募する時ぐらい。
ネガフィルムで撮っていた頃は、必ず現像と同時にプリントしたんだけど、
それしか写真を見る方法がなかったからで、
パソコンなどの画面で見られればそれで満足してしまうことが多いです。
プリントは、お金が掛かりますし、良さはわかっていても、
そこまで写真に執着する人も少ないということでしょうか?
もう、この流れは止められないでしょうね。
カメラ関連も、急速に環境が変化しているもののひとつですね。
なんとか活路を見出して、写真文化を守って欲しいと思います。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月15日 22:28
月見里さん
本当に、関わっている方々の苦労は相当なものでしょうね?
僕のように興味本位で、ちょっと行ってすぐ帰る人とは訳が違います。

ニコンだけは、大丈夫な気がしていましたが、
ここへ来て、本当に大丈夫か心配になりました。
X70の後継機は、怪しいですね。
FUJIFILMは、下の機種からやめている感じがしますので、
それが、X70も含まれるか微妙ですね。

滝沢の田遊びを調べましたが、土曜日ではないでしょうか?
http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/kyodomuse/1/3/1484439311321.html
月見里さんは、毎年行かれているのですね。
リベンジしたい気持ちもありますので、
気合いが乗ったら行ってみようと思います。
乗ったらですが…。(^^;
Posted by えふ5.6 at 2017年02月15日 22:41
NAO310さん
祭りの写真は面白いのですが、反面なかなか難しく、
コンテストで入選することも、ほとんどありません。
恐らく、祭りの写真の応募は、かなり多いと思うのですが、
その中で、目を引くような写真を撮る事は、ハードルが高いと感じます。

ちょっと前、Nikon D750とiPnone6Sの動画を比べてiPnone6Sの勝ち!
と言う海外の動画がありました。
https://youtu.be/q0NyPW-BjpA
ちょっとショッキングですが、これが静止画の世界でも近々訪れるのではないでしょうか?
もちろん、一定の条件で、ということにはなるでしょうけど。
先日行った蜷川実花展でも、僕以外の来場者は、皆スマホで写真を撮っていました。
カメラの上位機種は、どんどん価格が上がっていますよね。
E-M1 MarkIIもそのひとつだと思いますが、
RX100M5もコンデジとしては驚きの価格です。
そういうものを売った方がメーカーとしては商売になるのでしょうけど、
長い目で見ると、益々ユーザー離れを引き起こさないか心配です。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月15日 22:59
iPhoneのセンサーとレンズのサイズを考えると凄い性能ですね。
静止画でもピントが全体にまわるので、ピンボケ写真が少なく、すでに一般にはiPhoneの方が成功率が高いと言えるのではないでしょうか。
「消費の二極化」が進んでいくとカメラ専用機は間違い無く富裕層の商品でしょう。
それでも昔のコシナみたいなメーカーも現れるかも??
Posted by NAO310 at 2017年02月16日 12:17
価格comマガジン トレンドニュース
「ニコン、高級コンデジ「DL」シリーズ発売中止で、高級コンデジ市場に激震走る!」
https://kakakumag.com/camera/?id=9759&cid=camera_fb_kakaku

ところで、ニコンがこのカメラを発売しないのだったら、FUJI X70とRICOH GR等はまだ売れるかも?? Canonと虎民が売れるだけかな・・・
Posted by NAO310 at 2017年02月16日 18:23
虎民=「SONY」と入力したつもりでしたが〜、すいません
Posted by NAO310 at 2017年02月16日 18:24
NAO310さん
特にカメラを使いなれていない普通の人にとっては、
iPhoneの方が綺麗に撮れてしまうんでしょうね。
それも、条件が悪ければ悪いほど、
iPhoneの方がなんとかしれくれそうな気がします。
もちろん、普通の人にとっては、ですが。

DLシリーズの発売中止は、かなり反響が大きいようですね。
それだけ、期待も大きかったということでしょうね。
今後、ニコンが1インチセンサーのコンデジを発売するか、注目したいです。
発売しないとなると、大きな穴を開けたままになり、
一眼とコンデジを操作系を統一する意味で同じメーカーで所有したいという人にとっては
ニコンは、候補から外れてしまうことになります。
ニコワンがあるから、いいのかな??
でも、ニコワンも、なんか怪しいし…。

コシナは、かつてのベッサシリーズをデジタル版で出して欲しいです。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月16日 19:26
ペンタックスのQ-S1は消えていきそうですが、ニコワンは頑張ってますね。
マイクロフォーサーズの価格が高くなってきたので、選択肢としてはアリ・・・にはならないかなァ

新宿のコニカミノルタプラザが終了したそうです、今だにAマウントの権利を手放さないので、SONYがオリジナルのミラーレスマウントに特化せざる得なかったという噂から、もしかしたらカメラ事業はいずれ復活するのかも??なんてかすかに期待してましたが、もう無さそうです。
Posted by NAO310 at 2017年02月17日 13:40
NAO310さん
ニコワンは頑張っているというより、売れ残りな感じもします。
最も新しい機種が2年ぐらい前に登場していますから…。
僕は同じ1インチセンサーなら、DLシリーズの方が良かったです。
ペンタックスQシリーズは、センサーが小さすぎですね。
こだわって、レンズを揃えたところで、撮れる写真は、
昨今の1インチセンサーのコンデジより劣るのでは、
微妙だと思います。
まあ、安いですけどね。

コニカミノルタプラザが終了は、以前、記事を読んだ気がします。
せっかく止めた儲からないカメラ事業を復活することはないでしょうね。
いよいよ日本のカメラ産業も、岐路に立たされている感じです。
カメラがもっと特別な存在だった頃は、カメラメーカーも元気だったと思いますが、
業界にとっては、残念な時代になったと思います。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月17日 19:13
これは素晴らしい!!
さっそく来年の予定表に書き込んでおきました。
こっちから行くなら、当日の夕方に現地に入り、撮り終わったらその夜は焼津あたりで宿泊し、翌日帰宅するというスケジュールでしょうか。
しかし一年で最も寒い時期にやるとはちょっと辛いですね。

この撮影条件だと一眼レフが必須のような気がします。
高感度撮影と正確かつ速いAFがお祭りでは必須でしょう。
スマホではさすがに無理っぽいですがどうなのでしょうね?
侮れませんが・・・
iPhone使ってますが、相当にラフに扱ってもちゃんとピントが合うのが不思議です。
仕事上の記録なら下手なカメラより信頼できそうです。

カメラ業界は今後どうなるのでしょうね?
もともと写真人口なんて大していないですし。
色やトーンなどの表現にこだわらない記録用ならスマホでOK。
一部の趣味人のためのものになっていくのではないでしょうか?
その流れは止まらない気がします。
カメラというハードより、写真人口を増やすソフト面の拡充をしないと持たないような気がします。
いずれ規模縮小や再編が避けられない気がします。

Posted by MuhW at 2017年02月18日 17:51
MuhWさん
おお、気合い十分ですね。
ただ、国重要無形民俗文化財という名とは裏腹に、
被写体としては、やや物足りなさも感じるかもしれません。
もっとも、3演目ですごすごと帰ってしまったので、
本当のところはわかりませんが…。
もし、MuhWさんが来年、本当に行かれようと思うのでしたら、
僕も、行ってみようかと思います。

E-M1では、AFが心もとないので、
ここはD600の出番でした。
D600も、すばらしいとは言えませんが、
E-M1より遥かにマシな感じです。
同じミラーレスでも、E-M1 MarkIIなら
状況は変わって来るかと思いますが…。

iPhoneのカメラの実力は侮れませんね。
これで、すばらしい写真を撮っている人もいますし、
腕前とは関係なく、綺麗な写真が撮れるのもiPhoneだと思います。

写真人口は、確かにもともとそれほど多くないでしょうね。
自分の回りにも、写真を趣味にしている人は、ほんの僅かです。
フィルム時代は趣味でなくても、家族の記念撮影用として
カメラを買って、フィルム買って、現像とプリントしてという
一連の消費がありましたが、これが完全にくずれてしまいました。
これからの時代、写真は画面で見るものであって、
プリントは、本当に特別なものになってしまうかもしれませんね。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月19日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。