2017年02月05日

蜷川実花展

1048_DSF6354.jpg
静岡県立美術館で2月から開催されている
蜷川実花展に行ってきた。


蜷川実花氏の写真が特に好きとかでは無かったが、
有名な写真家だし、静岡にいながら見られる写真展も多くないので、
以前より行こうと思っていた。
今日は午後より雨が降り、写真を撮りに出掛けられないので、
写真展を見に行くにはちょうど良かった。

会場は写真展が始まって最初の日曜日ということもあるのか、
意外に混んでいた。
入口に近いところから4コーナーは写真撮影が可能だったので、
持っていたX70で少し撮影した。
こういう会場では、一眼で撮るには大げさだし、
X70は、ちょうど良かったと思った。

1048_DSF6169.jpg

1048_DSF6204.jpg

1048_DSF6201.jpg

最初のコーナーは僕の持っていた蜷川実花氏のイメージそのものだった。
しかし、展示は、そういうものだけでなく、死や闇をイメージさせるもの、
モノクロのセルフポートレート、芸能人らのポートレートなどが展示され見応えがあった。
セルフポートレートでは、鏡に映した自身が写っている写真もあったが、
その中に写っているカメラはOLYMPUS PEN(デジタル)だった。
恐らく、上位機種ではない、1200万画素機。
それが最大で長辺が2mほどに拡大されている。
もともと荒れたイメージの写真ではあるものの、
その程度のカメラであっても、大伸ばしできちゃうんだなと妙に感心した。
それを考えると昨今の一部機種の妙な高画素化は、ちょっと疑問を感じる。

最後のコーナーはアイドルや俳優らのポートレート、84点。
こんなに多くの人を撮っていたのか、という驚きがあった。
改めて、凄い人なんだと感じた。
posted by えふ5.6 at 19:39| Comment(6) | FUJIFILM X70 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真家の方、存じておりませんでした。
今、おおいに活躍している方なのですね。

セルフホートレートは撮影した時期の新型??
Posted by NAO310 at 2017年02月06日 14:06
NAO310さん
写真家だけでなく、結構多方面で活躍されているようです。
見てはいませんが、映画監督とかも。

セルフポートレートの中に写っていたカメラは、
1機種ではなかったですが、いずれもOLYMPUS PENでした。
E-PLシリーズと思われ、5〜7年前のカメラかなと思います。
撮影当時の最新機種だったかもしれませんね。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月06日 17:39
こんばんは。

蜷川実花展行ってきたんですね〜(^^♪
自分とは作風が異なるので作品自体はあまり見たことないですが
女性写真作家の中でも実力派の方だと思います。
自分は市橋織江さんや川内倫子さんの作風が好きですけど。

蜷川さんの極彩色の強烈な作風ではなく
自分は淡い女子カメラっぽい色調の作風が好きなんですね、多分(笑)

やっぱ蜷川実花と言うとフィルムでコンタックス Ariaのイメージが強いんですよね。
オリンパスも使ってるんですね。
作家性の強い写真家はカメラはあまりこだわらない感じがします。

森山大道さんはNikonのやっすいコンデジがメインで
たまにCanonのコンデジを使うみたいですし、
一眼はほとんど使わないとの事。

コンデジの画素、素子の大きさで展覧会用に
A2とかA1とかまで普通に引き延ばすんですから。
プロでさえそうなのにアマチュアや素人が取り扱うには
今のデジタル一眼はどう考えてもオーバースペックだと思いますよ。

カメラメカ好きのスペックマニアは
やっぱり新しくて、高画素で高機能の新機種の方がいいんでしょうけど・・・(^_^;)
Posted by sakura at 2017年02月06日 19:19
まったく真似できる気がしませんw
横尾忠則のグラフィックアートを思い起こさせるものがあります。
一つ一つは渋い色なんだけれどもこれでもかという色の対比で派手に見えるあたり。

この方は黒とブルーの使い方が上手いですね。
ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

Posted by MuhW at 2017年02月06日 20:50
sakuraさん
蜷川実花さんの作品は、インパクトの強い作品が多いですね。
sakuraさんの写真は、確かに市橋織江さんや川内倫子さんの作品に近い感じがします。

蜷川実花さんはネガフィルム派だったと思いますが、最近はどうなんでしょうね?
ただ、芸能人のポートレートは、スタジオで撮っているでしょうから、
そこそこ良いカメラで撮っているんじゃないでしょうかね?
スタジオで撮るのに、小さなミラーレスじゃ、撮られる方も拍子抜けしそうです。(^^)

高画素機の方が高く売れそうですから、それがカメラメーカーの狙いでしょうね?
NikonなどはD3、D700を出すとき1200万画素で十分と言っておきながら、
数年後、その3倍の画素数のD800を出しちゃうんですから、さっぱりわかりません。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月06日 21:30
MuhWさん
僕にも、全く真似できそうもありません。
確かに、ひとつひとつを見せられたら、
自然にあるものばかりで、そこまで極彩色という感じもしないのですが、
まとめてみると、凄いインパクトです。
組み合わせの妙なんでしょうね。
自分とは世界のちがう写真ですが、参考になることが多々ありました。
Posted by えふ5.6 at 2017年02月06日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。