2017年01月22日

アサヒカメラ.net 1位

1045-_8295760.jpg
アサヒカメラ.net 写真の殿堂で1位に入った。


このコンテストの1位は約2年ぶり3回目。
もっとも、このコンテスト以外の月例で1位になったことはないが…。

この写真は、一昨年、伊豆の波勝崎苑で撮ったもの。〈記事
この3ヶ月後に、また同じところに撮りに行くほど、野猿を撮るのは面白かった。

コンテストには猿だけが写った写真を数枚応募したが、どれも振るわず、
ここにきて、この写真でも出してみるか、という感じで応募したもの。
そんな気持ちで出したので、1位は意外中の意外。
えっ、この写真がそんなにいいの??
という感じ。

なぜか、このコンテストへの入選率がここへきて高くなってきた。
本誌のプリント部門は全くダメだが、
このコンテストにまた入選できるよう、応募を続けたい。

「猿のいる海辺」

1045-_8295760.jpg

選者の小林紀晴先生のコメント
伊豆半島の波勝崎苑という場所だそうです。野猿が生息しているとのこと。屋根の下の人間たちに最初に目が行きますが、主題はその上の猿です。抑制された画面構成と、たたずまいが「つげ義春」的世界で心惹かれます。タイトルもいいです。

総評
今月の殿堂入りには村松克則さんの「猿のいる海辺」を選ばせていただきまいた。透明感のある一枚です。何気ない旅先での一コマですが、独特の世界観を生み出しています。風景写真とも家族写真ともスナップともいえるのではないでしょうか。どれにでも当てはまる強さと懐の深さがあります。タイトルも見事です。そうと言われなければ気がつきにくい存在をあえてタイトルにすることで、見る者の想像力をかきたてます。なにより日常にクサビを打ち込むような、その存在が物語を生みました。世界は分断している。それでも屋根の上と下は確かにつながっていて、猿も人も同じく海を見ている。一度も語られたことのない物語が静かに横たわっています。

----------------------------------------------------------------
記事にする前に、皆様からお祝いのコメントをいただきました。
本当にありがとうございます。
----------------------------------------------------------------
posted by えふ5.6 at 15:18| Comment(5) | フォトコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

最初見た時、渋い一枚だな〜と。
屋根にいる猿がいい味出してるんですよ(^^♪

登場人物がシルエットで表現されていて、物語性も感じるし
撮影スタイルは力が抜けていて自然体な感じがしますね。

そこがえふ5.6さんの持ち味だと思うんです。
こういう何気ない感じで、切り取るスナップのスタイルは
自分には真似できません。
木村伊兵衛的なスナップスタイルに通ずるものがある気がします。

自分のブログにも返事で書きましたが
DCMのプリント部門の件ですが、う〜ん、
当日持ち込みの作品が必ず1点以上は選ばれている点、
公開審査に参加した投稿者は
選んだ作品の選出理由や落とされた作品の
落選理由が直で聞けるというのは
やっぱりアドバンテージになると思ったので・・・。

自分は公開審査を見に行くことは不可能なので
この分だと選ばれることも無くなるだろうと思った次第です。

杞憂で終わればいいのですが・・・(^_^;)
Posted by sakura at 2017年01月22日 21:15
sakuraさん
この写真、猿が分かりにくいという点で、
自分の評価は低かったです。
そのため、それを補うためにタイトルでカバーしようとしたのですが、
それが逆に評価に繋がったようです。
わからないものです…。

公開審査は、僕もできたら参加してみたいですが、
なかなか東京まで行くという行動には移せません。
何かのついででもあれば、別ですが…。
写真を撮る人にとって、色々な情報が集積している東京は
いいところだなと羨ましく思います。
数回に1回、地方でもやってもらいたいですね。
Posted by えふ5.6 at 2017年01月22日 23:16
おめでとうございます。
絶賛じゃないですか。
たしかに見る人を引きつける魅力がありますね。
できればもっと大きい写真で拝見したいものです。
Posted by MuhW at 2017年01月23日 19:09
ところで僕は猿が怖くて。
子供の頃、遠足で言った猿のいる山で、おやつの入った袋を奪われそうになり、引っ張りっこしたのですが、すごい腕力でした。
怖かったです・・・
Posted by MuhW at 2017年01月23日 19:11
MuhWさん
ありがとうございます。
こそばゆいぐらいに褒めていただきました。
アサヒカメラ掲載号は2月20日発売です。
そこそこ、大きく掲載されると思いますので、
書店にて立ち読みください。(^^)

おやつの入った袋だと、猿も必死だったのでしょうね。
野生ですから小さく見えても油断はできませんね。
Posted by えふ5.6 at 2017年01月23日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。