2016年11月04日

届かないもの

1029_DSC9676.jpg
届かないものがふたつ。


届かないもののひとつは、もう届いた。
アサヒカメラ.netのフォトコン「写真の殿堂」の賞金だ。
8月20日に発表された分で、いつもなら、この時点ですぐに簡易書留で届いていた。
しばらく待っても届かないので、10月1日に問合せのメールをしてみた。
しかしながら、返事も無いので、1週間後にまたメール。
これを3回繰り返し、4回目は違うメールアドレスに送ってみた。
するとやっと、返事が返って来て、すぐに送るとのこと。
遅れたことに対する(事務的な)謝罪文はあったが、
なぜ遅れたのか?
こちらからメールをしなくても、遅れて届いたのか?
3回ものメールが無視されたのは、なぜか?
なんの説明もなく、真摯的とは思えないメールの内容に失望した。
抗議のメールを送りたかったが、そのようなことをしても、
プラスになることはなかろうと思い、踏みとどまった。
しかしながら、この「写真の殿堂」は名前は立派だが、結構、いい加減だ。
以前、自分の写真が殿堂入りしたとき、
本誌に掲載されることを楽しみにしていたが、
ページの関係上掲載されないということがあった。よりによって、その号のみ。
また、入選発表が20日と書いてありながら、最近は、数日遅れることが普通になっている。
年度賞を選出すると書いてありながら、ここ何年も選出していない。
まだ、書きたい事があるが、ここまでにしておきたい。
とにかく、いい加減と感じ、非常に残念。


届かないもうひとつは、修理に出したE-M1。
9月25日に販売店に発送したが、まだ返ってこない。
心配になって、一度、販売店に確認したが、
受付中ということで、まだメーカーから返ってこないとのこと。
通常は2〜3週間らしい。
保証期間中に修理をメーカーに直接出した時は
1週間も掛からずに返って来た事を考えると
今回、もうすぐ6週間になろうとしていて非常に遅く感じる。
修理が混んでいるのだろうか??

E-M1といえば、MarkIIが、発表された。
進化の内容は、ネットなどで既にいろいろ書かれていて、
予想通りという感じで、とても魅力に感じる。
ただ、魅力じゃないのが価格。
発売後、少しづつ下がるとは思うが、
予約段階の現時点で、Nikon D810やPentax K-1などの
フルサイズ一眼レフとほとんど差がない。
OLYMPUSも、随分と強気な値付けをしたものである。
とても、すぐには買う気になれない。
これも残念。


1029_DSC9676.jpg
今年も大道芸ワールドカップin静岡が始まった。

Nikon D600 + 70-300mm F4.5-5.6
2016.11.4(静岡市清水区)
posted by えふ5.6 at 00:39| Comment(14) | 写真・カメラ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
たしかに私も「写真の殿堂」のユルさ(ルーズさ?)は少し気になっていました。腹を立てるというより、えふ5.6さんの言うように編集部のやる気があまり感じられないので心配になりますね(苦笑)。
以前は最終選考分も発表していましたし、ワンポイントアドバイスも充実していたので、単なるコンテストではなく写真道場のような趣きがありました。
審査結果の発表日が3〜4日遅れるのは、困る人多いと思います。落選した作品を別のコンテストに応募したい人もいるでしょうから、予定通り発表してもらわないと応募に間に合わない可能性もありますから。遅れるなら遅れるで、ツイッターやフェイスブックにお詫びと何日に発表になるかすぐに書けばいいのに…とは思います。雑誌ですと絶対穴はあけられませんけど、すぐにUPできるネット発表ということでその辺ユルいんでしょうね。
年度賞もいつの間にやらなくなりましたね。いまだに「写真の殿堂について」には年度賞があると書いていますけど(苦笑)。まあ、他の方も結構クレーム入れているかもしれませんね。
Posted by yutanpo at 2016年11月04日 10:44
こんにちは。
遅くなりましたが、カラープリント部門入賞おめでとうございます。
これまでの作風と違いますね。
階段を下りる子のなびく髪が、明るくさわやかな背景の印象とちょっと違う異質な雰囲気で目を惹きますね。

さて「写真の殿堂」ですが、9月20日発表分の賞金が昨日届きました。
私の場合、入賞事態が超久々でしたので、「あれ?遅くねえ?」とは思ったものの、
確信を得ることもないまま待ち続けました。

.netは、フォーラムを終了したことで、一層、インターネットサービスに見切りをつけた感じがしますよね。
結局、ネットによる宣伝が雑誌の実売に影響しなかったということでしょうか?

「写真の殿堂」が始まったころの熱意と革新的な試みが感じられず、惰性で成り立っている印象は正直否めないかと。選者もずーっと変わってませんし。

「アサヒカメラ」は写真専門誌の老舗ですし、そこにブランド価値を見出している当方としては、その思いを蔑ろにされている感じがしてとても残念です。(><)

とはいうものの、一応応募は細々と続けようと思います。
えふ5.6さんは本誌のコンテストにも数多く入賞されてますが、.netとの違いは感じますでしょうか?
Posted by 晃隼 at 2016年11月04日 14:26
こんばんは。

写真の殿堂の賞金受け渡しがそんな事になっていたとは・・・。
8月の分というとかれこれ三ヶ月、そんなに遅れたら確かに気が気じゃないですよね。
写真の殿堂、なんかいずれ近いうちに無くなりそうな扱いですね・・・。

ネットのアサヒカメラのページでのフォトコンの受賞者の更新なんかも滞ってますし。

OLYMPUSのE-M1の修理の件も心配ですね。
1か月以上経っていてまだ帰ってこないってやっぱり異常だと思います。
Nikonでもお盆休みを挟んだ時期に修理に出した時でも1か月ほどでしたから。
何か手違いか修理上の問題が起きたのでしょうか???

そしてE-M1 MarkIIも発表されましたが自分は到底買えませんね。
あの値付けは異常です。
新規マウントで買おうと考えていましたが一気にシラケました。
いくらなんでもフルサイズのカメラが買える価格をフォーサーズカメラにつけるとは・・・。

まあ、OLYMPUSのカメラは発売後の値崩れも激しいので
1年もすれば結構安くなる様な気もしますけど(^_^;)

フラッグシップ機の価値を高めたいのなら新たなマウントを作って勝負するしかないと思いますけどね。
1マウント体制はシグマとパナ、OLYMPUSだけなのですから。
オリもフルサイズミラーレスをやればいいのにと思いますけどね。
フォーサーズ、ここ最近はだんだん重くなってきて軽量化のメリットが薄れてきてますし・・・。
Posted by sakura at 2016年11月04日 23:22
yutanpoさん
yutanpoさんも同じ事を感じていたのですね。
写真の殿堂の最初の選者の大山高先生は
写真道場にしたいと書いていました。
それが、今年三月まで引き継がれて来ましたが、
それもなくなり、魅力に欠けるコンテストになってしまったと思います。
発表日の遅れや年度賞を選出しないなど、怠慢としかいえません。
発表日は皆さんが注目しているとおもいます。
それを裏切る行為は慎重にすべきで、
発表できないのなら、その旨を告知すべきですね。
年度賞も選出しないのなら、
「写真の殿堂・年度賞」を贈ります。
なんて、さっさと消せばいいと思います。
全く改善はされませんし、意外とクレームを入れる人はいないのかなと思います。
皆さん、大人しいなと…。
Posted by えふ5.6 at 2016年11月05日 03:21
晃隼さん
カラープリント部門の件、ありがとうございます。
この月、カラープリント部門には3枚出しましたが、この1枚は少し趣を変えてみました。
これに気を良くして、今月の応募も、こうしたトーンの写真の出品を増やしました。(^^)

晃隼さんも1ヶ月遅れだったようなので、
僕が最初にアサヒカメラにメールした頃に届いていれば、
正常だったようですね。
でも、僕の場合はそれから1ヶ月来なかった訳で、
やはり何か手違いがあったのだろうと思います。
封筒の宛名が珍しく手書きで届きました。

アサヒカメラ.netはGANREFの真似をしたかったのかなと思います。
しかしながら、システム的にはGANREFより明らかに劣っていて、
使いにくさもありました。
結果、中途半端で雑誌の販売に貢献できなかったのでしょうね…。
システムにはランニングコストが掛かるので、やめてしまい、
単なるメールによる応募に変わったのだと察します。
選者が変わらないのも、どうかと思いますね。
小林紀晴先生が良くないとは思いませんが、
選ばれる写真は、どこか独特なところがあり、
応募する方も、それを狙って、どんどん深みに嵌っているという印象を受けます。

本誌の方は、.netのような不満はあまり感じません。
一度、縦の写真を横に掲載されたことはありますが…。
レベルは、本誌の方が一段高いのかなと思います。
経験上、本誌で次点ぐらいだと、.netで3位に入選できる確率が高いです。
ただ、それも選者の好みもありますから、一概には言えませんが。

晃隼さんと同じようにアサヒカメラというブランドで応募していますから、
それを裏切るようなことのないように、やっていただきたいですね。
そういえば、数年前、スライド部門で、応募されたスライド全てを無くしてしまった
という事故もありました。
Posted by えふ5.6 at 2016年11月05日 03:22
sakuraさん
写真の殿堂は、とにかく扱いが軽い印象で、
sakuraさんがいうように、近い将来、廃止する可能性すら感じます。
こういうやり方をしていたら、イメージを悪くするだけですから、
廃止するという決断があってもいいかもしれませんね。

E-M1の修理は、いささか時間が掛かり過ぎです。
D600があるからいいものの、
それが無かったら何か買わなければならない状況になっているところでした。

MarkIIは、高過ぎですね。
回りをみれば、各社で、キャッシュバックキャンペーンをやっていて、
他に行ってしまいそうなぐらいです。(^^;

僕はOLYMPUSのフルサイズミラーレスはやらなくてもいいと思っている方です。
出れば、そちらが欲しくなってしまうというのもありますが、
OLYMPUSがAPS-C全盛の時に敢えてそれより小さいセンサーの4/3を出し、
このサイズが理想としてきたのですから、それを貫いて欲しいなと思います。
(一応、ファンとして)
Posted by えふ5.6 at 2016年11月05日 03:26
こんにちは
何やらもやもやした状態ですね。
写真の伝道はリニューアルというより、部門リストラだったの
でしょうね。何かフェードアウト感が漂っています。
やはりアサヒは雑誌のほうに注力ということかもしれませんね。

新型MarkIIは機能もてんこ盛りですが、値段もてんこ盛りですね(笑)
ちょっとびっくり!?私は富士への傾斜が強まる一方です(笑)
Posted by 月見里 at 2016年11月05日 12:14
月見里さん
確かに、リニューアルでは無かったですね。
本誌には、ネット部門として入選作品が掲載されていますが、
メール応募部門ですね…。

OLYMPUSはE-M1 MarkIIをフラグシップとしての
価値を上げたいのかなと思います。
しかしながら、ここまで跳ね上げてしまうと
ちょっと、不信感が…。
そこお金を出すなら、フルサイズへ、
と思う人も多いんじゃないでしょうかね?

X-T2は、納得のいく価格ではないでしょうかね?
僕は、このままだとNikonに戻ってしまいそうです…。
Posted by えふ5.6 at 2016年11月05日 20:42
いろいろあるようですね。
応募する方は真剣に取り組んでるのですから、受ける方もそれに応えて欲しいですね。

E-M1というと、川越旅行の時壊れてしまったカメラですね。
キヤノンはほとんど不具合がないので、修理ってのはほとんど出したことないですが、6週間もかかることはなかったと思います。
メーカー直営の修理センターです。
販売店を通すかどうかで差があるのかも?
はやく戻ってくればいいですね。
 
Posted by MuhW at 2016年11月05日 22:57
MuhWさん
そうなんです。
応募する方は、真剣ですからね。
僕の場合は、この写真の殿堂のいい加減さは
前から感じていたところがありまして、優先順位は低く、
他に応募してダメだった写真がほとんどです。
なので、その意味では真剣かというと、
自信がありませんが…。

今日、再度、販売店に連絡し、
発送できるということが確認できました。
販売店がいうには、部品がメーカーにないと
時間が掛かることがあると言っていました。
メーカーにもない部品って…。

故障率は、信頼度に直結すると思います。
CanonやNikonがプロに支持されている理由のひとつかもしれませんね。
その点では、僕の経験上OLYMPUSが圧倒的に多く、残念に思います。
Posted by えふ5.6 at 2016年11月07日 08:49
価格com.で調べるとE-M1の初値に比べてmkIIの予約価格は2倍くらいのようです。
見た目が変わらないので、すごく値上がりした感じがしますね。
デジタルカメラは他社も新型の価格設定は上がっているのですが、時代でしょうか。
Posted by NAO310 at 2016年11月07日 15:56
NAO310さん
発表前から、ネット上では値上がることは書かれていましたが、
まさかそこまで高くはならないだろうと思っていました。
ただただ驚きです。
MarkIIというと、E-M1の後継機ということになりますが、
E-M1の上位機という位置付けにしてしまえば、
もしかしたら、納得する人も多かったかも?
しかし「1」の上となるとネーミングも難しいかな?

どうしてもセンサーの大きさからNikon D810は割安、
E-M1MarkIIは割高に見えてしまいますが、
それは、多くの人がそうだと思います。
他でどれだけ頑張っても、センサーが小さいと割高に見えてしまうという
マイクロフォーサーズの宿命みたいなものがあって、
そういう意味では、損をしているのかもしれません。

デジカメは、最近、高級志向になっている気がしますね。
利幅の大きい方にシフトしているのでしょうか?
それでも売れるのであれば、景気が良くなっているということでしょうかね?
それとも、写真好きが増えたのでしょうか??
Posted by えふ5.6 at 2016年11月07日 18:11
ライカのデジカメほど高価では無いですが、台数は少なくても利益の大きな商品を売る方向のようですね。
ペンタックスの普及機はかなりしっかしたカメラのようですが、あまり注目されていないようなので安い価格帯は商売になりにくいのかもしれないです。

オリンパスは当初フォーサーズは35mmフィルム用マウントのデジタルカメラと違い、専用設計のレンズとの総合力で大型フォーマットにも勝るといった主張をしてたと記憶しています。しかし、各社ともにデジタル専用設計のレンズが出そろった現在、やはり小さな面積のセンサーでフルサイズと同等の立ち位置を目指すのは無理があるような感じがします
Posted by NAO310 at 2016年11月07日 22:25
NAO310さん
普及機は、利幅が少なく、
メーカーとしては美味しくないかもしれませんね。
ただ、ここをしっかり押さえておかないと、
ステップアップということを考えるとユーザーも付いてきませんね。

確かに、現時点では同じ立ち位置を目指すのは無理がありますね。
ただ、マイクロフォーサーズもやれることは、まだ沢山あるように思います。
今は、フルサイズが最良のような風潮もありますが、
将来はフルサイズとマイクロフォーサーズの差はボケ量だけ、
なんていう製品を作っていただきたいです。



Posted by えふ5.6 at 2016年11月07日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。