2016年08月20日

アサヒカメラ.net 2位

1018_01.jpg
アサヒカメラ.net 写真の殿堂で2位に入選した。


入選したのは、日本平動物園の象の鼻の写真。
ここの象の写真は、いままで何度かコンテストに応募していたが、
入選したのは初めて。
鼻だけを切り取ったのが良かったかもしれない。

このコンテストは4月からWeb上ではなく、
メールで写真データを送る方式に変わった。
変わるというから、もっと画期的な方法をとるのかと思ったが、
実にシンプル、とういうか簡略化された。
そして、この方法になってから初めての入選になった。
ただ、「最終選考まで残った作品」や「ワンポイントアドバイス」の掲載がなくなり、
その扱いが軽くなったように感じるのは残念。

「曲線」

1018_01.jpg

選者:小林紀晴先生のコメント
動物園の象の鼻のあたりだけを切り取っています。影が背後の壁にのびることによって、妙な奥行き感を醸し出しています。実に平面的に見えてきます。調子を硬く、そしてざらつかせることによって、よりインパクトがでました。版画のようでもあります。

今までになく、コントラストを高く、ノイズを強く入れてみた。
結果、この被写体には合っていたということかもしれない。
こういう写真も今後は自分のものにできるよう
意識していきたいと思う。
posted by えふ5.6 at 21:49| Comment(10) | フォトコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「写真の殿堂」入選おめでとうございます。
3月でフォーラムが終了してから全然見てなかったのですが、
応募方法が変わっただけで、コンテストは
続いていたんですね。知らなかった…。

これまでのえふ5.6さんの作品とは一味違いますね。
持ち前の構成力が引き立ってると思います。

面白そうな作品ができたら、僕もまた参加してみようと思います。
参加者の応募作品が見れなくなったのは、やっぱり残念ですね。
Posted by 晃隼 at 2016年08月22日 14:28
入選おめでとうございます。
こうしたパーツを切り取る表現はさすがですね。
私なら眼をいれるとか、説明的な写真になっていたかと
思います。

アサヒが変更になると以前の記事で呼んでいましたが、
仕様がよくわかっていないままでした。
最近はあまり面白い写真が撮れていないので、秋に向け
また撮りためてみたいと思います。
Posted by 月見里 at 2016年08月22日 15:28
眼や鼻の先を切ってしまうとは思い切りが良いですね。
それだけ有機物感が無くなってテクスチャや陰影などの無機質な図形に変化してるのだと思います。
抽象画のようですね。
もちろん良い意味で。
ちょっと真似できそうも無いですね・・・
Posted by MuhW at 2016年08月22日 20:05
入選おめでとうございます(^^♪

このざらっとしたノイズの量と高コントラストな表現、いいですね♪
象の長い鼻の影が何ともインパクトがあり
強烈な作品に仕上がっていると思います。
象の鼻のしわの描写の力強さも相まっていい作品になりましたね(^^)


自分も写真の殿堂が無くなってしまってその後なんの音沙汰も無かったので結局無くなったのかと思っていたら、応募方法が変わっただけで続いてたんですね〜。
知らなかった・・・(^_^;)

もうチョット応募方法の告知をしっかりしてくれるとありがたいのに(^_^;)
Posted by sakura at 2016年08月22日 21:46
晃隼さん
ありがとうございます。
コンテストは続いていますよ。
確かに、他の方の応募作品が見られないのは、残念です。
あれが見れる事で、随分と勉強になったような気がします。
今ではメールで送るだけなので、
ちょっとした腕試し程度の気持ちで応募できます。
逆に、人に見られないので、変な写真(?)も応募できちゃいます。(^^;
晃隼さんも、ぜひ応募されるといいと思います。

おっしゃるように、今までとは違う感じの仕上げにしてみました。
試行錯誤はいろいろやっているものの、なかなかしっくりこなかったのですが、
この写真に限っては、上手くはまったのかなと思います。
Posted by えふ5.6 at 2016年08月22日 21:52
月見里さん
ありがとうございます。
僕も目は入れたかったのですが、我慢しました。(^^)
アサヒカメラ.netのコンテストは、レベルが高いのか低いのかわかりませんが、
少なくとも、当たり前の写真は入選しにくいように思います。
そういう意味では、この写真も、小林先生の好みだったかもしれません。
月見里さんも、ぜひ応募してみてください。
Posted by えふ5.6 at 2016年08月22日 21:52
MuhWさん
ありがとうございます。
本人は、そこまで深くは考えてはいませんでしたが、
動物園で動物を撮るとき、
広く撮るとどうしても背景が邪魔になってくるので、
こうして、部分を撮る事が多いです。
モノクロは、色がない分、
整理した写真にしやすいのかなと思います。
Posted by えふ5.6 at 2016年08月22日 21:53
sakuraさん
ありがとうございます。
モノクロで高コントラストとノイズは、
オリンパス機のアートフィルターの「ラフモノクローム」でもできちゃうのですが、
細かな設定ができないので、最近はほとんど使う事がありません。
ただ、その雰囲気は好きなので、こうしてPhotoshopで加工してみました。

皆さん、写真の殿堂の存在に気づかれなかったようですね。
やっぱり、それだけ扱いが軽いのだと思います。
もう、1年半ぐらい前ですが、1位に入選したにも関わらず、
その号に限って、ページの関係で入選作品の掲載を省略するという
ショックなことがありました。
編集部のやる気も怪しいです…。
Posted by えふ5.6 at 2016年08月22日 22:07
おめでとうございます
最初、触手??・・と思いジッと見ました
とても面白い写真ですね
生きた象の肌と背景のコンクリート(??)の荒れた表面がどちらも恐ろしいイメージもして印象深いです
Posted by NAO310 at 2016年08月30日 17:25
NAO310さん
ありがとうございます。
僕は自分が撮ったものがなんであるかわかっているので、
触手というのは意外でした。
でも、そんな風にも見えなくないですね。
本文でも書きましたが、コントラスト、ノイズを強め調整してみました。
画面だと、我ながらいい感じかなと思いますが、
プリントしてみると、あまりざらついた感じがでません。
次の課題はこの感じをプリントでどう出すか、です…。
Posted by えふ5.6 at 2016年08月31日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。